小・中学生が地域活性化につながるビジネスを体験!ジュニアビレッジ 地域を元気にするビジネス体験で、本気でやり抜く力を身に着ける

小・中学生が地域活性化につながるビジネスを体験!ジュニアビレッジ 地域を元気にするビジネス体験で、本気でやり抜く力を身に着ける

  • ABOUT
  • PROGRAM
  • REPORT
  • ABOUT
  • PROGRAM
  • REPORT

ジュニアビレッジとは

ジュニアビレッジとは

地域を元気にするビジネスを体験し、
自分で未来をつくれる人に。

「土」からはじめる。「学び」を耕し、「世界」が広がる。
人が育つ。地域が育つ。
農・学び・地域の新しい形。

「ジュニアビレッジ」は、子ども達が地域活性化のために、
農業をテーマに、農作物栽培、農作物を活用した商品開発、
世の中に魅力が伝わるような情報発信、販売、収支報告までの
一連のビジネスを体験する実学の場です。

子ども達が挑戦するのは活動を存続させるために必要なリアルな課題解決。
各々が役割を持ちながら、PDCAを繰り返すチームでの活動によって、
自然にオーナーシップが芽生え、自ら課題を設定し、解決策を考え、
他者と協力して課題解決することを習慣化します。

ジュニアビレッジは地域の大人、それぞれの分野で実際に仕事するプロの大人に
サポートしてもらいながらも、子ども達が本気で1つのことを
最初から最後までやり抜く活動です。
自然に子ども達の自立を促します。

地域を元気にするビジネスを体験し、
自分で未来をつくれる人に。

「土」からはじめる。
「学び」を耕し、「世界」が広がる。
人が育つ。地域が育つ。
農・学び・地域の新しい形。

「ジュニアビレッジ」は、子ども達が地域活性化のために、
農業をテーマに、農作物栽培、農作物を活用した商品開発、
世の中に魅力が伝わるような情報発信、販売、収支報告までの
一連のビジネスを体験する実学の場です。

子ども達が挑戦するのは活動を存続させるために
必要なリアルな課題解決。各々が役割を持ちながら、
PDCAを繰り返すチームでの活動によって、
自然にオーナーシップが芽生え、
自ら課題を設定し、解決策を考え、
他者と協力して課題解決することを習慣化します。

ジュニアビレッジは地域の大人、
それぞれの分野で実際に仕事するプロの大人に
サポートしてもらいながらも、子ども達が本気で1つのことを
最初から最後までやり抜く活動です。
自然に子ども達の自立を促します。

プログラム

SCHEDULE

(全20コマ)

チーム作り&地域の理解

・産業としての地域の農業を知る
・田畑の農作業でチームをつくる
・会社の仕組みを知る
・役職を決める

生産管理

・販売用の農作物を栽培する
・田畑の草取り、収穫をする
・農作物の一次加工をする
・市場調査する

他拠点合同WEBでの中間事業報告会

商品加工・マーケティング

・商品コンセプトを決める
・地域の農作物を使って商品加工をする
・パッケージデザインを考える
・販売目標を考え、販売準備する

販売・年間のまとめ

・開発した商品を店舗で販売する
・収支を計算する
・事業報告書をまとめる
・活動支援者に対して、事業報告をする

合同首都圏販売会

他拠点合同WEBでの事業報告会

プログラム

SCHEDULE

(全20コマ)

チーム作り&地域の理解 ・産業としての地域の農業を知る・田畑の農作業でチームをつくる・会社の仕組みを知る・役職を決める 生産管理 ・販売用の農作物を栽培する・田畑の草取り、収穫をする・農作物の一次加工をする・市場調査する 商品加工・マーケティング ・商品コンセプトを決める・地域の農作物を使って商品加工をする・パッケージデザインを考える・販売目標を考え、販売準備する 販売・年間のまとめ ・開発した商品を店舗で販売する・収支を計算する・事業報告書をまとめる・活動支援者に対して、事業報告をする

他拠点合同WEBでの事業報告会

Junior Village運営チーム

「創り出す」仕事をしている私たちが
ジュニアビレッジをプロデュースしています。

  • 大竹 千広

    (株)JTBの社内新規事業「旅いく」創業者。地域は学びの宝庫。子ども×旅・地域×学びをテーマに新たな学びの場を創り続ける。

  • 下元 敬道

    子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」を運営する
    アクトインディ(株)創業者兼代表取締役社長。
    50年後、100年後も喜ばれるような本当に価値があるサービスを創り続ける。

  • 加藤 百合子

    (株)エムスクエア・ラボ創業者兼代表取締役社長。東京大学農学部卒業、英国クランフィールド大学で修士号取得、その後米国NASAのプロジェクトに参画。農業×ANY=HAPPYをテーマに様々なサービスを創り続ける。

  • 山口 綱士

    (株)博報堂で、自治体や地域企業向けに、地域創生領域でのコンサルティングを担当。地域でのイノベーションにつながるサービス、事業を創り続ける。

  • 穴山 信一

    キッザニア創業時の体験プログラム開発経験を活かし、ⅤIVITA(株)で「VIVISTOP」サービスプランニングを担当。子ども達の世界を広げ、大きな成長を促す体験の場を創り続ける。