「街ではたらく」×「モノをつくる」体験プログラム 築地でお仕事!体験アルバム特集

5月28日(土) 「築地でお仕事!」プログラムが開催されました。「のり」「つみれ」「しらす」「和菓子」「寿司」と5つのスクールが開催され、たくさんのご家族にご参加いただきました。みんなのキラキラ体験をご紹介します♪

おさかな基礎講座

まずは、『おさかな基礎講座~おさかな感性を磨く~』に参加。先生は、よっちゃん先生こと、「魚河岸野郎」の生田與克社長。どうやって、お魚はおうちまで届くの?お魚屋さんの仕事ってどんなことするの?スライドやクイズを使ってお勉強。そのあと、築地市場に探検へ出発!見るもの全てに興味津津!

のりスクール

『食べくらべる』『あぶる』『佃煮をつくる』という3つの体験を通して、『海苔』について学びました。先生は、海苔のプロ(株)山本海苔店さん。「同じのりなのに、全然味が違うよ!」「あぶった海苔って、こんなにおいしいんだー」と、あらためて海苔の魅力に気がついてくれたみたい。みんなが一生懸命つくった『佃煮』はお土産に♪

つみれスクール

デパ地下でもよくお見かけする老舗・味の浜藤(株)さんを先生にお迎えして、『つみれ』づくりに挑戦。参加者の中には、スクールで覚えた『つみれ』を応用して、おうちで『つみれうどん』をつくってくれたお子さんも!『旅いく』で体験してくれたことを、ちゃんと毎日の生活の中で実践してくれるなんて・・・、本当にうれしい!

しらすスクール

『ちりめん・しらす』のプロ・買参阿比留さんで、『しらすのふりかけ』づくりを体験!ちりめん・しらすの中にある、お宝・『チリモン探し』にも挑戦。チリモンとは、ちりめんじゃこの中に紛れ込んでいる小さなエビやカニ、タコ、ヒトデなどのこと。「わ、こんな大きいを見つけたよー」と、みんな、真剣!真剣!ふりかけは、キレイに袋詰めをして、うれしい、おいしいお土産になりました。

おすしスクール

先生は、江戸前寿司・すし大さん。世界中で愛されている日本食・『お寿司』の歴史や用語、マナー、カウンターでの寿司のおいしい食べ方などを教えてもらいました。「カウンターでお寿司を食べるなんて!」と、羨ましそうなご両親も(笑)。これでみんなも、立派な江戸っ子です!

和菓子スクール

(株)清月堂本店さんで、初夏をテーマにした3種類の煉切づくりを体験!水産物で有名な築地市場は、実は、青果も多く取り扱っているんです。見栄えにもこだわる和菓子は、日本が誇る芸術品。子どもたちがつくっているのを見ているうちに、我慢できなくなったご両親の方が真剣に・・・なんてシーンも(笑)。

※写真提供:株式会社フォトクリエイト、プログラム参加者の方

みんな、すごくキラキラしていると思いませんか?

初めてみる築地市場や築地のお仕事に興味津々の子どもたち。
そして、普段見ることのない子どもの真剣な表情に、ドキドキしながら優しく見守るご両親。
ご家族そろって、素敵な一日を過ごしていただけたのではないか、と思います。

旅いくでは、これからも、魅力的なプログラムを紹介していきます!ぜひ、一度、参加してみてください。

旅いく 会員登録はこちらから