【岩手・大槌町・農業体験】被災地で藍を育てる1年プロジェクト!藍畑ボランティアに参加しよう!
【岩手・大槌町・農業体験】被災地で藍を育てる1年プロジェクト!藍畑ボランティアに参加しよう!
※ 写真はイメージです
(写真をクリックすると拡大画像が表示されます)

被災地のお母さんをお手伝い!藍畑の1口オーナーになろう
東日本大震災の被災地で、藍畑の1口オーナーになれるプランです。岩手県大槌町にある「手作り工房おおつち」では、地元のお母さんたちが主体となり、手工芸品の制作・販売を行なっています。その目的は、被災者のための「仕事づくり・生きがいづくり・仲間づくり」です。手工芸品の材料にするため、工房では藍畑の運営も行なっています。当プランでは、農作業をしているお母さんたちを、藍畑の1口オーナーとして応援できます!
藍染め作品をプレゼント!農場のお母さんからの感謝の気持ちです
一口オーナーができることは、主に2つのこと。1つ目は年間を通して行われている、藍畑での1日農作業ボランティア。2つ目は、畑の藍の成長具合を、経過報告書で確認することです。実際にあなたが農地で育てた藍が、お母さんたちによってどのように変わっていくのか。「共に育てる」感覚を味わいながら、その経過を楽しみにお待ちください。育てた藍は、最終的に「藍染め手工芸品」としてプレゼントいたします。

カレンダー表示について

○:在庫あり    x:在庫なし    -:設定なし

こちらはasoview!(アソビュー)プランです
・本プログラムはアソビュー株式会社の取扱商品となります。
ご予約の際は、アソビュー株式会社の運営するasoview!(アソビュー)サイトに遷移し、お申込いただく形となります。
・本プログラムに関するお問い合わせは以下のサポートデスクにお願い致します。
asoview!(アソビュー)サポートデスク
support@asoview.com

カレンダー表示について

○:在庫あり    x:在庫なし    -:設定なし

<PR>

<PR>