電車が毎日安全に動く理由は?京王電鉄のいろんなお仕事を知ろう!

 

電鉄会社のいろんな仕事を知ることができる1日

この夏、旅いくに新登場したのが「電車が毎日安全に動く理由は?京王電鉄のいろんなお仕事を知ろう!」

1日かけて主に2ヵ所の施設での体験。途中京王線での移動も含みます。電鉄会社の表舞台で働く運転士・車掌のお仕事、そして陰で支える技術員のお仕事双方について知ることができる内容です。

なかなか入ることのできない検車区での体験や、本物の運転士・車掌から直接技術を学んだり、わくわくどきどきがいっぱいの夏休みの1日となりました!詳しくレポートしていきます♪

IMG_5822 IMG_0381

 

 

 

 

 

 

 

京王れーるランドにようこそ!

2017年8月16日。集合は多摩動物公園駅すぐの京王れーるランド。電車について楽しみながら知ることができる人気の施設です。今日は休館日なので、いつもとちょっと違う雰囲気。

電車好きの小学生の男の子たち10名とお父さんお母さん、あわせて20名が参加してくださいました。子どもたちは、大好きな電車について体験ができる日ということで目を輝かせての参加です。

京王線沿いに住んでいる訳ではないけれど、京王線はお買い物やお出かけで使うというご家族や、京王線好き!という子もいました。

まずは「点呼体験」。運転士さん・車掌さんのお仕事の中でも、大切な始まり・終わりのお仕事の1つ。名前を呼ばれたら元気に挨拶します。「よろしくおねがいします!」

実際のお仕事では、始業点呼では体調の申告や注意事項の伝達、時計の時間合わせがあり、終業点呼ではその日の報告や次の勤務の確認があります。安全な運行のために、とても大切な業務なのです。元気な挨拶をすると気持ちも引き締まりますね。

IMG_0387IMG_0388

 

 

 

 

 

 

 

実際の運転士さんに習えて嬉しい!運転士体験

次に京王れーるランドの運転シュミレーターでの体験。京王れーるランドに遊びにいくと体験できるこのシュミレーター。今日は隣に本物の運転士さんが!難しい停車の仕方について、1人1人に、見本を見せてくれたり、説明をしてくれました。

子どもたちは運転士さんの帽子をかぶり、制服を着て挑戦!見ているだけとは違い、実際に挑戦してみると難しいですね!

IMG_0398IMG_0396

 

 

 

 

 

 

 

車掌さんのお仕事も、やることがたくさん!

車掌さんのお仕事というとどんなイメージでしょうか?やはり車内放送が印象的?

今日は車内放送を体験したほか、本物の車掌さんから発車の際の安全確認の一連の流れを1人1人習いました。

扉を開け、指差しし、声に出しながら確認をしたり、ブザーを押したり。1つの発車においても本当にたくさんのことを確認しているんですね。安全な運行の理由がここでもわかりました。

子どもたちはここでも制服を着て、一生懸命に一連の動作をしていました。さすが電車好き、上手にできています!その後の自由時間にも何度も挑戦するくらい、みんな楽しかったようです。

その後質問タイムではたくさんの手が挙がりました!積極的な姿勢がとっても素晴らしかったです。

IMG_0394IMG_0393

 

 

 

 

 

 

 

高幡不動へ移動、検車区・電力管理所へ

午後は京王線で高幡不動へ移動し、検車区・電力管理所での体験です。

まずはヘルメットをつけて洗車体験。自家用車の洗車の時に、洗車機を使って車の中からブラシを見た経験がある方はいるのでは。今回はその、電車版です。

実際に洗車をする電車に全員で乗り込みます。体験用に洗車をするのではなく、実際の洗車タイムスケジュールの中に私達が入り込んだことになるので、洗車開始まで少々待ち時間が。その間に子どもたちは本物の社内放送マイクを体験しました。実際の洗車でもここでマイク点検をするのです。

そして洗車が開始!電車車体の汚れを落とすための機械はすごい迫力です!

洗車機に入った後は、清掃係の方々による手での車体拭きや社内清掃も始まります。

私達は他の車両に乗って次の体験場所へ移動しました。

それからピットを見学。普段はなかなか見ることができない電車の下の部分が目の前に!電車の運行は、技術員の方々の色んな知識に支えられているんですね。

IMG_0411IMG_0419

 

 

 

 

 

 

 

安全を守る特殊車両が登場!

つぎに登場したのは「総合高速検測者DAX」!(Dynamic Analytical eXpress)

実際の列車と同じ速度で走行しながら、架線と軌道を同時に検測することができます。検測で得られたデータを保守・管理に活用し、さらなる安全性・乗り心地の向上を図っています。

普段は入ることのできないDAXに乗り込み、説明を聞きました。日中にも線路を走って検測するそうなので、普段運が良ければDAXが走っている姿を見ることができるかも!ぜひ見てみたいですね。

次に「陸軌両用架線作業車」。電車に電気を流す架線のゆるみなどを検査する車両です。その名のとおり、陸と線路、両方を走ることができる車です。親子ごとに後部座席に座って移動したり、「軌道」用から「陸」用へ、またその逆へ車が”変身”する様子もみました。

最後は「陸軌両用広範囲作業車」。作業台が昇降・左右に回転する作業車です!この作業台に実際に乗って高い場所からの景色を見ました!こんなに高い場所で作業をしているんですね。作業車かっこいい!と思うと同時に、技術士さんたちのすごさも感じた体験でした。

IMG_0427IMG_0436

 

 

 

 

 

 

IMG_0446IMG_0447

 

 

 

 

 

 

盛りだくさんの1日となりましたが、子どもたちに「電車が毎日当たり前のように動いているのは、実はあたりまえじゃないんだな~」ということを、少しでも感じてもらえたら・気づいてもらえたら、旅いくとしては嬉しい限りです!